2015年10月3日 [ツーリング]

もう20年バイクに乗っているけど、バイクってやっぱりいいよなあ。って何度も反芻してしまう、そんなツーリングに行ってきた。

視界がゆらゆらに揺れる陽炎も、耳がバカになってしまうようなセミの声も嘘のようになくなり、落ち着いた季節がやってきた。

涼しくなったらキャンプツーリングに行きましょう。と、このブログで再会したKenさんと約束をしていて、その日が来た。

天気予報はどっちつかずで判断が難しかったが、回復の兆しを感じて予定通りに出発。

待ち合わせのSAのアスファルトは濡れていたけど、雨は降っていない。

集合時間の20分前に二人とも来ちゃうのはkenさんとの待ち合わせでは常だ。

1泊2日のキャンプツーリング。心地よく過ごすための道具の取捨選択は悩ましい。

Kenさんは初めてのキャンプツーリングなのもあって少し多めの荷物。

インターを降り、全国チェーンのやたらとデカイ甲板が乱立するロードサイド特有の景色を通り抜けて、目的のキャンプ場を目指す。

視界を人工物より水や木が多く占有してくると、お目当てのキャンプ場はもうすぐそこだ。

今日のキャンプ場は学生時代の友人に教えてもらった場所で、彼と一度だけ来たことがあった。

その時は車で来たのだが雰囲気が良く車の乗り入れもOK、かつ直火OKというのが気に入った。

そんな最高の場所にZ1-R2台で乗り付け、バイク横にテントを張り焚き火を囲う。冗談抜きで一度はやってみたいと憧れていたシチュエーションだ。

このキャンプ場独特な雰囲気を味わいながら、一晩を過ごす場所の選定。

前の人が石を積み囲った立派な焚き火台があったので再利用させてもらうべく、ここをキャンプ地とする。

場所が決まれば、ゆったりとテキパキを行ったり来たりしながら荷を解いて、まずは今日の寝床の準備。テントを張る。

このあとは、空身でワインディングを走り回り、温泉、宴の買い出しへ繰り出した。

温泉後の寂れた誰もいないワインディングが非常に走りやすくて、スロットルを少しワイルドに開き前を走るkenさんを追いかける。欲望をマシンの加速に昇華させるのは気持ちが良すぎる。バイク最高。

キャンプ場に戻り宴の準備。薪もたっぷり届いている。

kenさんが持ってきてくれたテーブル。

テーブルと椅子があると、その場が急に文化的になる。山には持って行けないがバイクのキャンプには欠かせないなと痛感。あとランタン。

なかなかつかない炭も、ビールを飲みながらゆっくりと流れる時間の中ではそれすらもコンテンツの一つのよう。

いい感じの熾(おき)になったので買い込んだ食材を焼き始める。宴の開始だ。

炭火で焼いた、焼きナスとサンマに冷えたビールのコンボは脳みそをとろけさせた。

ほんの少し食材を買いすぎたぐらいが、BBQの100点だと思う。もう少し食べたい。は個人的にBBQでは0点だ。そういう意味では我々の食材の分量を読む判断はバッチリだった。

食材を焼き尽くしお腹が満たされたので炭火に薪をくべて焚き火へ切り替える。アルコールはビールからハードリカーに。炎を見ながらチビチビ。

バイクのこと、車のこと、服のこと、昔のこと、今のこと、未来のこと、十分に語り尽くしてkenさんが先にテントに潜る。

薪がまだ残っているので、しばらく炎をみながら自問タイム。

時折パンっと薪が爆ぜる音が静かなキャンプ場に響く。これら一連の全てが好きだ。

十分に焚き火を堪能して、出来過ぎな一日を振り返りながらストンと眠りに落ちた。

翌朝は予定通りの時間に起床。

コーヒーを淹れて、間近でバイクを見ながらバイク談義。

Helinoxに深く腰かけ足を投げ出して、2台のZ1-Rを心満たされるまで眺める。時折立ち上がっては細部のこだわりを凝視し愛でる。なんて贅沢な朝。

KenさんのSnap-onの携帯工具。工具も工具入れも友人からのプレゼントとのこと。

出発の準備をすまして、帰り道のワインディングに繰り出す。

ブラインドコーナーが連続するダウンヒルでジリジリとkenさんとの距離が開いていく。

コーナーひとつ分離された時に、コーナーを抜けて視界が開けた先に、Z1-Rを寝かして次のコーナーに消えていくKenさんが一瞬見える。

何度も、コーナーを抜けては一瞬だけ見える寝かせたZ1-Rの連写がかっこ良すぎて鳥肌。

圏央道に乗ってこの日は実家の茅ヶ崎を目指す。

やたらキレイな厚木SA。ここが最後の休憩。

次の再開を約束して、圏央道の寒川北ICでお別れ。

多くのシーンで理想を超えた体験ができた最高のキャンプツーリングの記録。

【data】
総距離:33,100mile
ガス:133-147円/l
ツーリングの距離:237.1mile(379.36km)
燃費:21.59km/l
インスタ始めました。
ツーリングの写真をリアルタイムで更新したり、バイク以外の写真もポストしてます。

#z1r #camptouring #bonfire #helinox #crispfallday

jutqqqさん(@jutqqq)が投稿した写真 –

facebookのアカウントからもコメントができます

  1. 10月 22nd, 2015 at 11:38
    Reply | Quote | #1

     お久し振りです。
    キャンプツーとっても楽しいですよね。
    自分も先月カブでですが、キャンプを楽しみました。
    是非こちらにもキャンプを楽しみに御越し下さいませ。
    Z1-Rランデブーしたいですね。

    • 10月 22nd, 2015 at 23:18
      Reply | Quote | #2

      お久しぶりです
      キャンプツーリングは最高に楽しいですね。
      四国はいつか必ずZ1-Rでいきたいと思っていますので、その際は連絡いたします。

  2. m32
    10月 27th, 2015 at 13:06
    Reply | Quote | #3

    はじめまして。
    いい感じのキャンプですね。
    すみません、どちらのキャンプ場か教えてもらいたいのですが?

    • 11月 2nd, 2015 at 22:02
      Reply | Quote | #4

      はじめまして。
      このキャンプ場は本栖湖キャンプ場です。

  3. マカダム
    11月 2nd, 2015 at 09:18
    Reply | Quote | #5

     こんにちは。
    いろいろ楽しいことやってますね。

    すみません、ちょっと情報をおしえてください。

    以前の記事で KZ1000Z1-Rのエンブレムを購入できるショップがあるって
    書いてありましたが、そのショップおしえていただけないでしょうか。
    先日サイドカバー落としてこまってます(涙)
    よろしくお願いします

    • 11月 2nd, 2015 at 22:04
      Reply | Quote | #6

      こんにちは。
      おお。それは災難でしたね。。
      以前nightさんに教えて頂いてエンブレムを購入したショップはこちらになります。

  4. 11月 23rd, 2015 at 16:34
    Reply | Quote | #7

    z1rqqq さん

    初めまして長野県の北に住むZ1-RⅡ乗りです。
    楽しい記事を読ませて頂きました。

    今後も楽しみにしています。

    Tomo

    • 11月 26th, 2015 at 19:45
      Reply | Quote | #8

      はじめまして
      コメントありがとうございます
      長野いいですねー 大好きです。
      マイペースで更新していきますので引き続きよろしくお願いします

いただいたコメントの反映には時間差が生じる場合があります

TOP