2019年4月11日 [ツーリング]

去年の秋に行った房総ツーリングが楽しすぎたので再訪。

前回は2台だったが今回は7台。

前回は紅葉・柿だったが今回は桜・菜の花。

前回は鈴屋だったが今回は梅乃屋。

同じコースでも全然違って楽しい。

8:30に用賀PAでbelllayさんと待ち合わせ。

時間通りに登場するも「かぶっちゃってるからちょっと待ってねー」とサクサクと2番のプラグを外して予備のプラグに交換。

以前は道中の不具合が怖くて予備のプラグを持ち歩いていたが、エンジンの調子がよくなってからは携帯していないことに気づく。

こういう驕りがいつか痛い目を見ることになるので、そうなる前にシート下に忍ばせておこう。

9:00に大井PAで今日一日一緒に走るメンバーと合流。

個性豊かなラインナップ。

7台中、旧いKAWASAKIが4台。

Z1-Rが2台、KZ1000A2、Z1000R。

Vmax、BMW、KTM。

A2に乗っているKSさんとは今日が初めて。

このA2は手に入れたばかりで、手に入れた経緯がKSさんの語り口も手伝ってすごく面白かった。

端的にいうと、バイク屋で良さそうなA2を見つけて、相場を調べようとヤフオクを見たら、今見てたバイクが出品されてて、戸惑いつつ入札したら実車についてた値札より安く(本当に驚きの価格で)落札できてしまったという話。バイクとの出会いは一期一会だ。

落札後、Z専門のショップでメンテナンスをして足回りもばっちり仕上げているからか、むちゃくちゃ調子よく走る。

道中KSさんの後ろを走ることが多かったのだが、後ろから見ててZってバイク然としているというか、ネイキッドのバイクとして完成度が極めて高くて、コーナーを抜けて寝かせた車体を起こしながら満開の桜のトンネルに加速していく姿はとにかく痺れた……。

駐車場でA2に乗させてもらった。繊細というかきめ細やかというか、とにかく全体のバランスが良いのか乗りやすかった。それに比べると自分のZ1-Rは粗野というかワイルドというか癖が強いというか、いろいろ問題のあるバイクと知って乗ってはいるがそれを顕著に感じた。(まあそれでもZ1-Rにこれからもずっと乗るのだけども)

前回belllayさんと房総に来た時、意図せずII型のラインで塗装されてしまい近々再塗装すると話してくれた。今回バッチリI型のラインに仕上がっていた。

高低差と信号がほぼ無い房総の道を満喫して、走りとしてはお腹いっぱいになってきたところで、リアルな腹を満たすために三大竹岡ラーメンの一角を担う梅乃屋に。

KSさんの「縁起物だよね」という言葉にすべてが集約されていて爆笑。これはこれで良いのだ。

フェリーで久里浜にワープして横横〜第三京浜を駆け抜けて都筑PAのスタバに滑り込む。

ここのスタバは「#バイクが見えるカフェ」ランキングではかなり上位に位置すると考えていて、その中でもこの日はバイクも人もパーフェクトな位置に陣取れた。

朝から走り回った一日を反芻しながら同じ価値観を共有する者同士、バイクを見ながら笑いの絶えない時間を過ごす。

こういう時間を過ごすと、今日に限らず、バイクに限らず、いい一日だった。いい経験をした。またしたい。と感じる要因を言語化、明文化して再現性を高めたいと思ってしまう。

【data】
総距離:35,190mile
ガス:151-155円/l
ツーリングの距離:175mile(280km)
燃費:18.8km/l

facebookのアカウントからもコメントができます

  1. 匿名
    4月 14th, 2019 at 21:24
    Reply | Quote | #1

    今度は奥多摩 – 大月ルート行きましょう!

いただいたコメントの反映には時間差が生じる場合があります

TOP